実習2

後期のコースも終わりに近づいております。

11月頭から実習中。今のコースは幅広い分野をカバーしてるから、どの分野に行くかは自分次第で、私は障害者福祉を選びました。

介護の勉強をしていたときに障害者福祉に関する授業があって、そのときの先生やゲストスピーカーの方がとても熱心で、情熱をもって働いているのがすごく伝わってきたのが印象的だったのよね。人をこんなに情熱的にさせる分野ってどんななんだろうって気になってたのが、今回実習先に障害者福祉を選んだきっかけ。

うちの学校の先生方はみんな自分の分野に情熱的なんだけど、ほかの分野(児童福祉、青少年支援、メンタルヘルスetc)にはあんまり興味が向かなくて、ずっと気になってたんだからやりゃあいいじゃんってことで障害者福祉。実習は期間限定のボランティアのような感じだから、その分野が気に入ればそれで仕事を探せばいいし、「あ、違ったわ」と思ったらまた次に興味の湧いたことやればいい。

で、その実習もあと数日で終わるんだけどね、とても楽しくやっています。私のいるところはデイケアセンターで、利用者さんは知的障害や自閉症、ダウン症候群、小児麻痺などを持っている。やることはというと、アクティビティや買い物に連れて行ったり、公共交通機関を使うお手伝いなどなど。

実習が始まる前、利用者さんとのコミュニケーションってどうなんだろう、どうするんだろう、どうなるんだろう!?って思ったけど、やっぱり基本は相手を一個人として尊重するということ。あたりまえだけどね。

障害云々置いといて、普通に初対面の人にあったらどう挨拶する?どんな話をする?自分だったらどうされたい?自分が考えたとおり話してみて、相手が理解してないようだったら、やり方変えてみたり、ほかのスタッフにどうすればいいか聞けばいい。スタッフの方々もまたほんとに協力的でありがたいんだわー。

実習が始まってもうすぐ1か月、利用者さんもスタッフも、ようやく顔と名前が一致して慣れてきたところなので、もう終わっちゃうなんてさみしい。ので、このセンターの仕事に応募するし、そもそも障害者福祉自体がおもしろいなと思えたので、ほかの施設にも応募してみようと思っております。ジョブチェンジ!

今年の2月に介護の勉強を始めたとき時「わたしの仕事は介護!」と信じてやまず、ほかの分野には目もくれていなかったのに、約10か月でここまで変わるとはね。人生って何が起こるかわからんね。おもしろい。

さぁ来年は何が起こるかな。たのしみたのしみ。

感&勘

久しぶりにデートのようなものに誘われまして。

1回だけごはんは行ったけど、結論を申し上げると、その後友人を超えた関係に進展させるかということは断った。

その人、人柄はいいんだわ。
明るくてフレンドリーで、仲間想い(おそらく)。離婚歴はあるようだけど同世代で独身。ってか、まず同世代の独身になかなか会わなくなったよね、歳を重ねると(笑)
知り合って間もないから、あくまで雰囲気だけど、もし一緒にいたら大切にされるんだろうなーということはなんとなく予想できました。



でも・・・。

この「でも・・・」の後に続く文章もはっきり出てこないんだけどさ、いくらその人のいいところ考えても最終的に「でも・・・」に行きつくわけ。そもそも、誰かのこと好きだと感じるときって、その人のいいところをわざわざ羅列しなくても好きだ!と思うよね。

私、やりたくないことはやらない人生を楽しみたいから、これもそれの一環だなと思ってさ、相手に純粋に好意を感じてないし、全然ピンと来てないし、ああもうこれは違うわってことで、正直に「(あなたと)距離を縮めるつもりがなくて、今の友人という関係のままがいい」と伝えました。

恋愛に限らずだけど、何か出来事があってその時に感じた「でも」を無視して、利点だけを考えてそのまま事を進めてしまうと、どこかで結構大きい歪みが生じると思うんだよね。「こんなはずじゃなかった」っていう。なんでも頭で言葉にして考えて自分を納得させるのではなく、感じたことやピンと来る来ないに従うって大事。


自分に正直になることで減るストレスってあると思うよ。

学&働

またまたお久しぶり。

6月に介護のコースを修了し、1か月のスクールホリデーを経て、今はCommunity Services Workという分野を勉強してます。

Community Services Work、英和辞典で調べると社会事業とか地域奉仕という訳が出てくるんだけど、世の中で助けを必要としている人をサポートする社会福祉全般という感じ。分野は本当にいろいろ。青少年、ホームレス、家庭内暴力、幼児・児童虐待、障害者支援、ドラッグ・アルコール依存etc…これまで勉強してた高齢介護もそのひとつ。

元々は介護のひとつ上級のコースに進む予定だったんだけど、通ってるキャンパスで「そのコースやらないことになりました」となったの。ええっ!?(;゚Д゚)ってなるよね。

介護の勉強するんだ!って思ってたから、ショックだったさね。勉強できないの!?と。

ほかのキャンパスや学校を探してもみたけど、すごい遠いとかすごい学費高いとか、全然現実的じゃない。で、学校から提示された代替案が今のコース。しばらくは介護に拘って、どうしようどうしようと思っていたけど、あれ、こっちのコースは分野が幅広い→職業選択やその後の勉強の選択肢も幅広いんじゃない?っていうか、単純に介護以外の新しいことを勉強するいい機会かも!?っていう感じがして、このコースにしましたー。

聞き慣れない英単語もいろいろあるし、クラスの雰囲気も介護コースのときとはまた違って、ソワソワしたりアワアワしたりすることもあるけど、総じて楽しくやっております。

仕事はというと、介護職に就くことができました。

介護実習第一弾が終わるとき、
その施設のマネージャーに「働かせてください」と話す

応募用紙記入&提出

返事来ない

再度施設に出向き「応募した件、その後どうなってますか」と聞く
(受付嬢に伝言お願い)

マネージャーから電話来て面接

3日後電話がきて採用決定!

なんだかんだ1か月くらいかかったけど、幸運にも望んだ仕事を見つけられました。しかも私の職場、家から歩いて10分なの。交通費いらないの!同じ業界の中では、そんなに給料が高いほうではないみたいだけど、何より取った資格(勉強したこと)を生かせている&経験をつめるので万々歳なのだ!!

あと、仕事楽しいしね。大変なことは色々あるけど、基本は楽しいからね、仕事が。楽しい仕事ってあるんだなー、ってか要は、シンプルに考えて、やりたいかやりたくないかっていうのがすごく大事なんだなと感じている今日この頃。


ではオヤスミナサイpenguin

最近、人知れず試している健康法。

それは・・・




パンツをはかないで寝る。

丸裸ではないよ。Tシャツは着ています。パンツをはいてないだけです。

でも、こっち冬に向かってるんでね、さすがにちょっとスースーする感じなので腹巻のようにバスタオルを巻いています。パンツをはいていないだけです。

なんでこんなことをしているかというと、まず、先日空気パンツというのをインターネットで見つけてから、下着で鼠蹊部を圧迫することが少なからずからだに良くない影響を与えている(黒ずみ、リンパの流れや血流を妨げる→冷え、むくみ)と知ったのね。

で、空気パンツ買って試せたらいいんだけど、今海外にいるからさ、空気パンツなしで試せることって何かなーって考えて、そういえば昔ノーパン健康法ってあったよなぁと思い出し、その結果、じゃあパンツはかないってどうかなって思ったわけ。

でもさ、日中にパンツはかないのはさすがにさすがに抵抗があったから、じゃあ寝るときだけ試してみようってことにしたのです。

で、肝心の結果ですが、


・よく眠れる!
・起きた時の肌ツヤがいい!
・太ももがスッキリした!


…気がする…かなぁ。

普段からそんなに体調不良や肌トラブルがないので、劇的な変化はそこまで感じられません。太ももがスッキリしたのについても、最近バイトの日数がちょっと増えて、バイト先まで歩いて行ってるから純粋に運動量が増えたのが影響してるんじゃないかとも思える。

ただね、予想以上に気持ちいいのよ!そんなにきつい下着つけてるつもりもなかったんだけど、心身ともに解放!みたいな。だからか、普段よりもよく眠れた気もする。

そして、何より、パンツをはかないで寝ているという自分が楽しい。いくつになっても「初めて」ってあるもんだなーなんて。笑

今シェアハウスに住んでいて、夜中にトイレ行きたくて目が覚めたとき、万が一シェアメイトと鉢合わせたら困るからパンツはいてトイレに行くんだけど、はいたり脱いだりが面倒だから、丈の長いワンピースのナイトウェアを買おうかなーと思います。

みんなもパンツはかないで寝てみたらいいよ。

実習

2週間の介護実習が終わりました。終わったといっても、第一弾がだけど。

毎朝7時スタートだったので、早起きと肉体労働で大変だったけど、充実した実習だったー。思ってた以上に介護の仕事を楽しんでる自分を見つけたのが一番の収穫だったかも。

介護だから一日のスタートが下の世話といっても過言ではなかったけど、仕事だと思えばあんまり気にならなかったし(きれい&臭わないに越したことはないけど)、入居者さんと関わるのも楽しかったよ。

私の英語力、入居者さんの言語能力や認知力などなど、色々相まってコミュニケーションに戸惑ったこともあったけど、こちらが笑顔で挨拶をすれば笑顔が返ってきたり、寝たきりで話ができない人でも手を握ったら握り返してくれたり、コミュニケーションは言葉だけじゃないということを本当に何度も実感した。

高齢になるとともに心身の機能が衰えいくことで、意思疎通の仕方が変わったり難しくなったりはするけれど、根本は人対人の仕事だってことを忘れてはいけないな。

この実習で見たのはこの仕事のほんの一部だけど、もっと見たいし、もっと経験を積みたい!と思えた2週間でした。

実習第二弾は6月。がんばろー!

再再豪

どうもこんにちは。

前回の更新から8か月くらい経ちましたが、またオーストラリアにいます。細かいところははしょりますが、昨年2013年8月にワーホリが終わって、今は学生としてこっちにいます。

学生で何してるかというと、介護の勉強をしています。TAFE(テイフ)と呼ばれる、州立の職業訓練専門学校に通っています。なぜ介護を志したのかという経緯もはしょりますが、日々興味深く勉強しているよ。大げさかもだけど、なんというか、やっと自分のフィールドを見つけたような感覚があります。なんて言っておきながら、何年か後に鞍替えしてたりしてな!

学校にはいろんな国から来てる人がいます。本当に国籍がさまざまで、各々が育った文化からくるものなのか、ただの性格なのかわからないけど、本当にいろんな人がいる。

2月から学校が始まって1か月半ほど経った今、友達ができたり、クラスメートのキャラがなんとなくわかってきて面白いです。生まれた国や母国語が違っても、海外を志す理由とかどういう人生を過ごしたいかとか、そんな話ができるっていいなぁと純粋に思います。

学生なので、勉強が本業で、課題に追われて気持ちの余裕がなくなったり、何とも言えないモヤモヤした不安に襲われる日もありますが、基本的には楽しくやっております。

学べる環境への感謝を忘れず、健康第一で学業に励もうと思います。

月曜締切の課題があるので週末がんばります。
ひーーー!!

オーストラリア生活も早10か月が経過。
残すところあと2か月。

今回の渡航にあたって目標としていたのは海外就職。
残念ながら、自分が思い描く結果はまだ出せていません。

私は今回の海外生活で何をしてきたのか。
何を学んできたのか。何を見てきたのか。
最近はこれまでのことを振り返ることが多い。

望む結果が出ていないということは、何か間違ったことをしていたのか。そもそも考えが甘かったのか。やるべきことを見過ごしてきたのではないだろうか。

こっちの生活のなかで楽しかったことは山ほどあるし、後悔はしていない。ただ、ほかに何か選択肢はあったのかなとふと考えてしまうこともある。

でも。今までやってきたことはもう過去。全部過去。当たり前だけど、過去についてどんなに思いを馳せてもどうしようもない。何も変わらない。常に前を見て進むしかない。

あと2か月しかないけど、あと2か月もある。
できることは続ける。望みは決して捨てない。


そして。
いろいろ考えさせられることもたくさんあったけど、今強く思うのは、やっぱりこの国で生きていきたいということ。だから、日本に帰ったとしても、絶対ここに戻ってくる。何か月、何年とかかるかもしれないけど、絶対に戻ってくる。

オーストラリアに永住する。

それが私の夢です。

オーストラリアにきて4か月になったよ。

日本と季節が逆なので、今は夏。暑い。
どのくらい暑いかって、今私が住んでいるパースの今日の予想最高気温は38℃。明日はまさかの40℃。
普段ならそよ風でも、こんなに暑いと熱風だよ。でも湿気がないから日本の夏ほど不快感はないかも。いや、十分暑いんだけどね。何もしなくても体の水分が蒸発していく感じがします。

最近は何をして生活しているかというと、レストランでウェイトレスをしております。ウェイトレスとしては日本では信じられないような時給をもらっています。その分物価もちょっと高めだけどね。なんだか今この街バブルなのかなぁとちょっと思っています。

ちなみにレストランはジャパニーズレストラン。が、しかしオーナーはチャイニーズ。そして同僚にはコリアンも。見た目がアジア人であればいいよね!笑。料理は、こんなのをこんな値段で出しちゃうのかっていうクオリティ。でもなかなか繁盛しているという不思議!笑。日本のコンビニや居酒屋の企業努力ってすごいんだなー。

ビザの関係上今の職場でずっと働けるわけではないし(ってか、ずっとはイヤである)、学んだアロマセラピーも生かしたいので、もう少し今のバイトを続けながら今後の道を模索していくよ。


という感じで、今日も元気です。

存在を忘れかけていたブログ。

6月の更新からもうそろそろ5か月。私は今オーストラリアにいます。

入国したのは8月26日。入国してから今までは、アロマセラピーの学校に行ったり、バイトをしたり。

学校は先週の金曜日にすべて終わりました。予想以上に興味深かったアロマセラピー。香りを楽しむだけではなくて、体調不良や精神面のケアもできるアロマセラピー。薬に頼るばかりではなくて、自然の力を借りて症状を緩和したり、健康維持ができるなんてすばらしいと思いませんか。もちろん美容にもいいしね。今後の人生でずっと取り入れていきたいです。

今月32歳になりますが、32歳で海外にいるとは思ってなかった。結果、楽しい。いや、楽しいというより、すごく心地がいい。何事も自分で決めなきゃ進まないから大変ではあるけれど、何事も自分で決めなきゃいけない分、「生きている」という感じがする。日本でこういう感覚がなかったのはなんでかな。

この歳で海外に来てしまったからには、しばらくこっちにいたいと思っているよ。日本で守るものは何もないから!笑。こっちで働きたいと思っている。「永住したいのか」と問われると、それに対する答えは出ていないけれど、少なくとも1年で帰りたくはない。

というのが今の気持ち。

そんな感じで元気にやってます。

4月末頃実家に戻ってきました。
のんびりの5月を終え、6月から地元の隣町でアルバイトしています。

学生以来だなー「バイト」という表現を自ら使うの。懐かしい響き。笑

6月中は週休2日だったけど、7月からは超繁忙期になるので週6勤です。昼休憩以外は立ちっぱなしで、狭いスペースながら結構動いたり、同じ姿勢で同じ作業を長時間こなさなければならなかったり、体力的にはなかなかハードです。

けど、楽しいか楽しくないかでいうと、楽しい。人間関係で変に気を揉むようなことがなくて、清々しい。本当に気持ちよく働けている気がします。一緒に働いている人達に対して、自然と「ありがとうございます」と思えてくるんだな。まぁ気楽な身分(実家住まい、生活かかってない、短期バイトetc)であることが大いに影響しているとも思うけど。笑

繁忙期を迎えたら職場の雰囲気もピリピリしてくるだろうし、私も暑さと疲れでイラッ!!としそうだけど、今の環境(家も職場も)で働けることに感謝しながら、8月まで頑張ろうと思います。

さぁ明日は8時出勤!ちゃんと起きるのよーわたし!

«再び。

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ